Learning to Love myself

文房具や海外ドラマを中心に、好きなことをつらつらと

おすすめ海外ドラマ CSI編

 こんにちは。
ふぅです。

先日ご紹介したおすすめ海外ドラマの第2弾!
本日は「CSI~科学捜査班~」編です。

CSIとは、科学捜査を中心とする捜査官たちのチームのこと。
どんな難解な事件も、科学の力で証拠を得て真実と犯人を追い詰めていきます。

CSIの夜版チーム(設定では夜中1時~朝9時?)が、ベガスで発生した不可解な事件を、科学に基づく証拠で真実を掴んでいきます。

実はNCISと違い、CSIは主役・リーダーにあたる役者さんが過去3人変わっています。
どの役者さんも個性的で、いい意味でドラマの雰囲気を上手に自分色に変えていました。

私が好きなキャラクターは、やっぱりグレッグ・サンダースですね~
初期は分析官ということで、DNAラボの責任者という形で時々登場していました。
派手なシャツや髪形、あと大音量のロックで、若者って感じのキャラでした。

シーズン3で捜査官になり、現場にも登場するようになってからは、そういった派手さも落ち着きました。
少し大人の余裕が出てきたこのころの方がタイプです。

それから、音声分析官のアーチ―・ジョンソンも大好きです。
彼の場合は、中の俳優アーチ―・カオさんが好きなんですけどね!
イッケメーン!

この番組も1話完結型です。
どのお話しも見飽きない工夫がされているのでうれしいですね!

アクションコメディーも、そしてロマンスもバランスよく含まれています。
捜査官たちの意外なプライベートなんかも描かれて面白いですよ~。

こちらのドラマは、2015年に惜しまれつつ15シリーズで幕を閉じました。
とってもショックだったんですよーーー!!!

それでもやっぱり人気でした。
こちらも最終回を迎えてしまっていますが、スピンオフが3つもあります。


まず1つ目は、CSI:マイアミ。
正義に燃える男、ホレイショ・ケイン率いる科学捜査班が、マイアミの悪をぶった切っていきます!

このスピンオフは、本家に比べて科学捜査よりもアクションに重点が置かれているような気がします。
というか、主役のホレイショが突っ走ってるw
すごくカッコいいけど、実在にいたらウザいなーっていう感じ(笑)

それでも、面白いから見ちゃうんですよね。何度も。

2つ目は、CSI:NYもまた面白い!

NYを舞台にマック・テイラーをリーダーとしたチームが、捜査を進めていきます。

マイアミや本家と比べると、落ち着いた大人の雰囲気が漂うシリーズですね。
気のせいか、役者さんの年齢層も少し高めなイメージです。
主役の役者さんの影響なのかなと、思ったり?

たのシリーズと同じく、クスッと笑えたり、ハラハラする場面もあります。
でもどちらかというと、純粋な刑事もの感が1番強いと個人的には感じています。

そして3つ目のスピンオフは、CSI:サイバーです。

サイバー犯罪を取り締まりを行うチームなのですが、何故か舞台がFBIという・・・
CSIのスピンオフでありながら、FBIという謎設定なのです。

正直、このシリーズは数話しか見ていません。
リーダーのエイヴリーがチームの輪を乱しているだけで、好きになれず・・・
気になる方はぜひ見てみてください!

すごい駆け足になってしまいました。
またシリーズごとにいろいろ書ければと思います。

ではでは、今日も素敵な1日をお過ごしくださいませ!

注意
‐記事の内容は、あくまでも個人の感想であり、公式の発表とは異なる場合がございます。
‐この記事に掲載しているゲーム画面の画像は、すべてゲームを提供している会社様に属するものです。
‐ブログ内の画像、文章の転用はご遠慮ください。