読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Learning to Love myself

文房具や海外ドラマを中心に、好きなことをつらつらと

CSI~科学捜査班~ マイアミ

CSI~科学捜査班~ 日記 海外ドラマ 雑記

こんにちは。
ふぅです。

またまた、私の偏愛海外ドラマをご紹介します。
大好きCSI~科学捜査班~シリーズの、マイアミ編ですよ!

 

マイアミといえば、貧富の差が大きく、アメリカでも犯罪率の高い大都市です。
人種問題や移民、海を舞台にした管轄権問題、凶暴な野生動物たちが、より事件を複雑にし賑わせます。
また観光地としても人気が高いため、観光客がターゲットになる事件も多いです。

そんな大都市にある、マイアミ・デイド署に置かれているCSIチームが舞台になっています。

CSIシリーズの他の2つのシリーズに比べて、アクションがとっても派手なのが、このシリーズの特徴です。
主役のチーフが、元爆発物処理班であり、CSIが科学者としてではなく刑事として事件に関わるのもその大きな理由かもしれません。
メンバーたちが、爆発や銃撃戦に巻き込まれることが頻繁にあります。

そんなアクション派メンバーを従えるチーフ、ホレイショ・ケイン甘いマスクの熱血おじさま

この役者さん、赤毛にブルーの瞳で本当に甘いマスクをお持ちなんです!
なんか全部を見透かされているような気がしてしまいますね(これ前も言ったような…?)

被害者や弱い立場の人間への優しさが、度を越していて驚かされます。
その逆に、犯罪者なんかにはとっても辛辣・冷酷で、見ている方が戸惑うことも…。
とっても理想的な刑事ですが、完璧すぎてこんな人いないよ~と思ってしまう場面も多々あります。(笑)

あと、セリフがくさい!もうすっごいくさい!
やることもくさい!ちょっと出来すぎじゃないですか?って思ってしまう。

それでも、私たちがなかなか言えない・できないことをやってのける彼を見ているのはスカッとしますね!
そしてやっぱりいい人は見ていて楽しいし、信頼できる。
だからこそ、部下想いで部下にも信頼されるホレイショがあるのかと思います。

そんなチーフに絶対的信頼を寄せる”弾丸ガール”、カリー・デュケーン
彼女は銃器のスペシャリストで、とってもクールなブロンドお姉さまです。

シーズンを重ねるごとに、ホレイショに似てきている?ような気がする女性。
ちょびっとくさいセリフを吐いてみたり。

殺人犯に連れまわされたり、車ごと池に落とされたりと危険な目にあいつつも、その機転の良さで毎回切り抜ける。
とっても優秀な女性刑事さんです。

ホレイショに負けない優しさの持ち主で、事件被害者の子供を引き取ろうと本気で悩んだこともありました。
すごい美人さんなんですけど、男運は低め。長続きしない。
ホレイショとのスペイン語での内緒話もとってもカッコいいです

ホレイショにスカウトされてCSIに入った、元車の運搬業者のエリック・デルコ

彼は肉体派捜査官で、とても陽気な性格でムードメーカー的存在なアウトドア要員です。
キューバ人の母親がいるということで、人種差別に関してはとても敏感。
熱い性格持ち主で、冷静さを欠くような場面も多くみられます。

登場人物たちの中でも、大きな怪我を負うことが多いキャラクターです。
頭に被弾して心肺停止で搬送され、自分の出生の謎に巻き込まれて大けがをし…。
その割にカリーと巻き込まれた爆破では無傷でした。

何度もCSIを離れたり、戻ったりしましたが、何だかんだでCSI好きですね
そしてカリーに思いを寄せるも、こっちもくっついたり離れたり。

ホレイショと正義感を共有していて、正しいことを大切にしている人です。

デルコと反対に、自ら志願してCSIに入ったライアン・ウルフ棘のある憎めない奴。
本人には悪気がないからよりたちが悪いですね…。

チームの輪を乱すようなところがあるので、煙たがられるところもあるけども、
ホレイショの死の偽造を手伝ったりと、ホレイショからの信頼はばっちりなのです。
ただその分チームメイトから疑われるようなところもありますが…。

ギャンブルにハマったり、金銭トラブルに巻き込まれているイメージが強いです。
そして、冤罪とかやってもない罪をかけられているような。
マイナス思考で刺々しいけど憎めない、アンラッキー野郎です(笑)

FBIのスパイだったナタリア・ボア・ヴィスタも、あんまりツイているとは言いがたい女性。

彼女はFBIのスパイとして送り込まれてきた、DNA分析官です。
ただし、CSIに不利な情報を流すことができず、スパイの任を解かれます

その後は名実ともにCSIになり、分析官から捜査官に。
不慣れな銃の練習を行うなど、陰で努力する頑張り屋さんです。
事件に巻き込まれて聴覚を失いますが、補聴器でカバーして仕事を続けています。
補聴器のおかげで、盗聴・録音機器に気づき、事件のヒントを見つけることも。

彼女の不幸の原因は、主に別れた元夫!!ムカつく奴です。
優秀な彼女ですが、元夫のおかげで現場や職場をかき回され、挙句元夫が死んだら犯人扱いまで受けるという…。
納得いかなーい!

ベガスと違い、CSIが刑事として事件に関わるため、アクションがど派手なマイアミ。そのなかでも、主人公ホレイショの活躍はもう、異次元なレベル
爆弾が仕込まれた車を運転し、爆破時刻ギリギリで安全な場所に乗り捨てる(無傷)
カルテルの構成員たち相手に1人で銃撃戦を繰り広げ、生還する(無傷・敵全滅)。
なんかもう、スーパーマンですよね(笑)

その割に部下は結構怪我をしますが。
爆発物が登場する回数も、実際に爆発する回数も多め。
現実でもマイアミは爆破事件が多いのかな…?

科学捜査も派手なアクションもどっちも楽しみたいのなら、CSIマイアミはまさにって感じかもしれませんね。
もう放送は終わってますが、是非是非チェックしてみてください。