Learning to Love myself

文房具や海外ドラマを中心に、好きなことをつらつらと

【NCIS】ドラマ英語【GeekとNerd】

こんにちは。
ふぅです。

今日は同じ「オタク」と訳される2つの単語について。


NCISの元祖お調子者、トニーの残したマクギーへの数あるあだ名の中でも
1番よく耳にしたのが、「McGeek」だったかと思います。
(「エルフロード」といい勝負ですかね。)
ご存じの方もいると思いますが、McGeeとGeekを組み合わせたあだ名。

そこでちょっと気になるのが、同じオタクの意味のGeekNerdの違い。
日本語では同じだけど、どう使い分けられているの?


Geek
Geekは、日本語ではNerdと同じオタクと訳されるのが一般的です。
辞書を引いたら、変人・変態・バカと出てきてビックリしました(笑)
酷い言われよう・・・

今使われている意味としては、自分の興味のある分野に関して、
特にテクノロジーやガジェットなどの動向に敏感で、専門的知識を持っている人物。
合わせて社交性のある人という意味で使われるのが一般的です。
また、専門的知識も実践的な知識を持つ人のイメージです。

元はネガティブなイメージの単語でしたが、
今はどちらかというとポジティブで、頼れる相手という意味が強いですね。

生活力があり、普段の何気ない会話でも盛り上がることができて、
常に最新のガジェットを持っていたり、パソコン関連で困ったときに
気さくに助けてくれるお友達がいるなら、その人はGeekですね。

ある意味、辞書通りバカなのかもしれません。
※「○○バカ=熱狂的ファン」的な意味で。


Nerd
一方のNerdですが、Nerdも同じく日本語ではオタクです。
こっちも辞書を引いたら、まぬけ・無能・仕事ばかりでつまらない人と
さんざんな言われようでした(笑)

Nerdの方が辞書の内容が正確なのかなと思います。
こちらのオタクさんは、自分の専門的な学問・知識が大好きです。
あくまでも、学問としての知識なので、実用的な知識である確率は低めです。
それ、知っててどうするの?って感じ。

こっちも元々ネガティブな単語で、今現在も比較的ネガティブな単語です。
勉強好きな真面目っ子、知識ばかり蓄えている子に対して使われます。

普段は物静かで口数が少ないですが、特定の話題になると
トリビア的な知識が次から次へと出てきて、周りが圧倒されるタイプ。
パソコンの事を教えてもらっても、知識や内容がマニアック過ぎて
結局相手には伝わらない、逆に混乱させちゃう人はNerdかな?


つまりトニーの言う「McGeek」は褒め言葉?

確かに、専門知識を活かしてハイテク機器を使いこなすマクギー。
IT関連のことは勿論、容疑者から情報を引出し、彼女を飽きさせない話力も持っています。
(時々変に悩んだり、空回りや、怒らせることもあるけれど)

社交性のある、頼れるオタク、マクギー。
トニーがいなくなって、上級捜査官になった彼の活躍はシーズン14でも実証済みですね♪

ということで、似たようなGeekNerdの違いでした。

 ※この記事の内容はあくまでも、素人による解説です。ご了承ください。
※地域によっては今回の解説が通用しない場合があります。

※主観に基づいた内容が含まれています。